2011年05月20日

フィオ−レのピアノ発表会

娘の友人の生徒の発表会に 行く。 彼女は生死をさまよう
ような 癌と闘いその後 生徒が増えて アシスタントを頼む
ようになって いますが それでも 45人くらい教えている
のです。 あまりの 精神力に圧倒されますが
ただ 健康を心配しています。 

山本.jpg

山本2.jpg

一部は 子供の ふつうのおさらい会で ニ部は彼女が力を入れて
語りと ピアノで三部は 上級なのですが あまり冷えてきたので
残念なことに 途中で帰りました。 9時ごろまででしたとのこと。

MAH04029(1).jpg

MAH04026(1).jpg

集合写真を二部の終わりにうつしたので 便乗しました。
皆さん はなやかで 驚きました。


DSC04039.jpg

ご主人が クラリネットを教えています。 

フイオーレは 絵画教室や アートシッターの 斡旋等 驚くほどの 
仕事振りです。 



posted by chameko | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
chamekoさん  こんばんHA

フィオーレ  文字通り華やかな集いなんですね♪
Posted by 雨漏り書斎主人 at 2011年05月20日 23:02
雨漏りさん ご旅行から お帰りになり
体調を崩され 心配しておりましたら
もう大丈夫で甘盛りさんに なられて
安心しました。


いまは 娘のほかの友人は ピアノの生徒が
すくなくなって ほとんど 教えていないのに
彼女は 10年位前まで 少なく 困っていらしゃったのに 
本当に どんどん 増えて 盛会なのです。
名前が良かったのかな? 
兎に角教え方はお上手です。
 
saeちゃんは 頑張っていらしゃるのね。
Posted by chameko at 2011年05月21日 00:25
教えるのも、かなり体力を使うと思います。
心配ですね。
慕ってくれる生徒さんの数の多さが、頑張る元気のもとなのでしょうね。
chamekoさんちのピアノ、弾いてますか〜?
Posted by きゃおきゃお at 2011年05月21日 07:47
きゃおきゃおさん ピアノさんは まだ寝ています。
調律の 時だけ 起きたのですが。
でも ピアノが 家に 無いのは 考えられない
困ったチャメ子です。 
彼女は 子供の時 友達の レッスンに ついていって
覚えてしまい おねだりして ピアノを買ってもらった
と話していました。 
チャメ子は 嫌で 指に包帯を巻いて
突き指したと言って さぼった 悪い子でした。
でも ピアノは出来なかったけれど 戦時中タイプが
打てたので 生活でき そのお陰で PCに移行して
きゃおきゃおさんに めぐり合ったのね。
Posted by chameko at 2011年05月21日 23:58
何でも出来るチャメ子さん、ピアノもご興味がおありなんですね。
私は音楽が出来なくて娘たちがずっと使っていたピアノがあっても
自分が弾くとは思ってもいませんでした。
ひょんなことから60の手習いで5年ほどレッスンを受けましたが
昨年止めてしまいました。
やはり音楽は早ければ早い方がいいなと思いながら・・
Posted by miko at 2011年05月22日 22:44
mikoさん  私も娘のピアノで ただ 置いてあるだけなのです。 
子供の時 姉が 教えていましたのに 私は 大嫌いでした。
いまでもピアノ アレルギーが のこっています。 
mikoさんお好きでしたら お忘れにならないうちに 
再度挑戦なさったほうが これから お楽しみができて良いと思います。
お好きな 曲を 弾いてたのしまれたら?
なんていえるチャメ子ではないのです。 

Posted by chameko at 2011年05月23日 00:36
女性はピアノに縁のある方が多いですね。私も小学生の頃母から指導を受けました。 ピアノが流行っていた時代で最盛期は50人近く生徒さんがいて、毎日遅い時間までレッスンしていました。 現在は趣味で私の娘二人を時々教える程度ですがお稽古嫌いの子供なので申し訳ないです。 上がり症の自分が嫌いだった発表会で我が子が演奏する時なんて心臓が飛び出しそうに緊張します。 
Posted by 夢見るまま at 2011年05月23日 16:27
夢見るままさん 私は女学校のとき 放課後 随意科
といって お稽古事が いろいろあったのです。 
現在はもあるのかしら? ながいこと 友人がお茶を
おしえにいっていましたけれど。
お嬢様は まだ 中学でしたね。 
ピアノの月謝は 学校の 月謝の2倍でしたのに
親不孝の私は サボリ どうしでした。
罪滅ぼしに 習ったところまで 70歳代のとき
弾きましたが やはり 好きではないのです。

娘の 演奏会は本人は上がらないのですが
ままさんと 同じで私の心臓が破れそうでした。 




 








Posted by chameko at 2011年05月25日 11:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。