2011年05月05日

コドモノクニ 名作選 (2)

コドモノクニ 名作選が 評判がよくて 第2弾が
出版されたので 早速 アマゾンに たのんだら
なんと こどもの日の朝届く

DSC03774.jpg

DSC03775.jpg

DSC03777.jpg

おまけの箱
 
DSC03778.jpg


なんと懐かしい 王様クレヨン  子供のときは このクレヨンしかなかった

DSC03780.jpg

DSC03781.jpg

着せ替え人形は いろいろ 作ってあそんだ

DSC03784.jpg

DSC03786.jpg

DSC03787.jpg

DSC03788.jpg

コドモノクニが 80年経って 見直されいるのは
本当に嬉しいです。
とくに 岡本帰一の絵は 大好きで
ノートの 表紙となった  絵を 夢中で
織りました。 いまでも 新しい感覚
でモダーンな 絵 が 他の画家と
違って 印象が強かったのです。

DSC03793.JPG
























































posted by chameko | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 思い出
この記事へのコメント
ほんとうに幻のお宝ですね。
着せ替えに工作,クレヨンまで!楽しそうなチャメ子さんの様子を思い浮かべています。
私も紙の着せ替え人形には随分お世話になりました。
王様クレヨンというのは初めてです。私の時代はぺんてるやサクラでした。

最後の絵,織り物でもこんなにきれいにできるなんて!拡大して見てびっくりしました。温かみがあっていいですね。
Posted by りょう☆ at 2011年05月05日 17:35
りょうさん  はやばやと ありがとうございます。
本当に こどもの日に とどくなんて ウキウキして 開きました。
90年もまえからの 子供の 本が こんな 形で
出るなんて オドロキです。
岡本帰一が 亡くなった1930年までが 黄金期だそうです。 
チャメ子は その後は見ていないのです・

織物は 今見ると われながら ビックリ
65歳くらいでしたので まだ若かったのね
(りょうさん は まだまだですよね)
でもあの こまかい レース編みには脱帽。                                                    
Posted by chamelko at 2011年05月05日 18:42
昔なつかしい絵本の復刻版が出たのですね。
それを手にして大喜びのチャメ子さんを想像しています。
今のように何でも買うことの出来ない子供時代、
私も手作りの(布や紙で)人形遊びをよくしていました。

チャメ子さんは以前、織物をされてたのですね。
このような素晴らしい作品が出来るなんて
ただただ驚きです。
Posted by miko at 2011年05月06日 10:29
mikoさん  本当に 夢多き 昭和初期でした。
あれだけの 大変な 時代をすごしてきたのに
今だに 岡本帰一の世界から 出られないのです。

北欧絵織物は ホークだけで織るので とても 
原始的なのです。 忙しい時にしていたのに
5年ほど前にやめました。 自分で 気まぐれに
織っていますが 大作ではありません。
mikoさんの 夢のお庭 楽しみです。

 
 
Posted by chameko at 2011年05月06日 16:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。