2010年04月26日

日本楽器製チャブ台

bokuさんの ブログを見ていて きゅうに 思いついてUPしました。
戦後まもなく まだ ヤマハも ピアノを 生産できなくて まづチャブ台を作って売ったのです。後には 立派な家具も出来ましたが。

私が結婚してまもなくもとめたもので 充分に乾燥した ピアノ用の板で 作ってあるので 60年以上経ちましたが びくともしていません。その後 子供が大きくなり 丸い大きいチャブ台(ホーム ドラマにでる)に買い替え テーブルにかわりましたので丸いのは処分したのですが やはり 愛着があったので 処分できなくて 古いPCをのせてありました。 やっとPCの重いのを下ろして 写真を撮りました。
日本楽器を検索したのですが チャブ台のことは見当たりまっせんでした。

chabu4.jpg

chabu1.jpg

chabu2.jpg

chabu3.jpg

       

  
 



posted by chameko | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 懐かしいもの
この記事へのコメント
ちゃぶ台、UPしていただき、ありがとうございます。ヤマハが欲しがるのでは?会社の歴史の1品ですから。思い出いっぱいのちゃぶ台、これからも大切にされて下さい。
Posted by boku at 2010年04月26日 21:02
bokuさん 早速 コメント有難うございます。
本当に 私は 古いものと言えば 100年以上前の物と思い込んでいたので 改めて みなおしますね。
Posted by chameko at 2010年04月26日 22:00
chamekoさん  こんにちHA

流石、ヤマハ。 銘板付きの卓袱台なんて初見ですヨ !


昭和20年代というと楽器の需要も少なかったのでせうねぇ

拙が愛好するダンヒルでも、時々 ヴィンテージ物を探していますから、ヤマハさんも、気を付けてれば、広告が出るかも。

anyhow 佳い物をお持ちですね♪
Posted by 雨漏り書斎主人 at 2010年04月28日 16:34
甘盛りさん  こんばんは コメント有難うございます。 まさか こんなもの 考えたこともありませんでした。 きゃおきゃおさんとの 流れで いろいろな物が 救われています。 ダンヒルのような 高価なものは考えられますが たかがチャブ台ですからね。日本がどん底でしたからピアノどころではなかったのですね。22年生まれの むすめが 6才になった時には(あの頃は6才の6月6日からお稽古ごとをはじめる習慣がのこっていたのですね。) ピアノや ヴァイオリンのお稽古が始まっていたのですから 戦後の復興は 凄かったのです。     
Posted by chameko at 2010年04月28日 20:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。