2010年02月18日

きゃおきゃおツアー後日談

実は 子供図書館で 一番見たかったのが 野口雨情 と 岡本帰一の
童謡かるたでした。 いろはかるたより 好きで ことに UP
したのは ハッキリ覚えていて なつかしものです。 いぜん 
弥生美術館でガラス越しに見たきりでした。

先日 いろいろPCをみて20年に再販されたのを知り
アマゾンは売り切れで やっと 発行所がわかり 一昨日届き
ました。 私にとっては 夢のようなことなのです。

戦時中 いつの間にか散逸して しまい 諦め切れなかったのです。
なにしろ 私が小学生の時 始めて 人が亡くなり
 悲しくてたまらなかった思い出の画家岡本帰一の 絵です。
こどものノートの絵を 織ったものは UPしてありますので
ご覧になっていただければ 幸いです。

今ののように いろいろ子供向けのものが 多様化している時代
には 理解できないと思いますが 昭和初期の 平和な時代の
子供の思い出です。

きゃおきゃおさんに 出会えなかったら かるたに 
再会できなかったと思うと 不思議でたまりません。

発行所の お許しを得て おりますので UPします。

karuta.jpg

karuta5.jpg

karuta6.jpg

karuta7.jpg

karuta3.jpg

karuta4.jpg


posted by chameko | Comment(8) | TrackBack(0) | 思い出
この記事へのコメント
お手元に届いて、良かったですね!
これも、何かのご縁です。
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。

かるたをするのが
もったいないですね…。
でも、遊んでみたい〜〜♪
Posted by きゃおきゃお at 2010年02月19日 00:45
初めて見ました(゚Д゚*)ノ
カラーで平成の今見てもなかなかモダンな岡本帰一の絵。
当時はさらに輝いて見えたことでしょう。
読み札もなかなか味があっていいですね。

珍しいものをみせていただきました。

Posted by りょう☆ at 2010年02月19日 09:09
きゃおきゃおさん
おはようございます。
早速見ていただけて とても嬉しいです。
きゃおきゃおさんに 見ていただきたくて
UPをとても 急いだのです。
これからも 色々教えてくださいね。

Posted by chameko at 2010年02月19日 10:20
りょうさん お早うございます。
早速 コメント 有難うございます。

あなたの キュートな レースと 共通
する 夢の ある 絵で しょ?

実は 私は 小さかったので 母や 姉が
読んで くれていたので 野口 雨情の
字とは知らなかったのです。
Posted by chameko at 2010年02月19日 10:26
さすがchamekoさん。探し出すところがすごいバイタリティーですね。出版元もこうして当時の思い出とともに紹介していただけるなら、なりよりと思われたのではないでしょうか。
Posted by boku at 2010年02月19日 21:22
本当に 自分でも 不思議なくらいの 執念で
子供 にも 孫にも 読んで遊んであげたかったのです。 なんと きゃおきゃおさんと
めぐり合わなかったら かるたにも再会できないし bokuさんとお目にかかれて いろいろ 思い出し 楽しい日々を送らせていただいています。
 
Posted by chameko at 2010年02月20日 08:45
chameko さん  おはようございます。

きゃきゃおさんと、お知り合いになったお蔭で
ツアーに行かれて、そして思い出のカルタをget。
ブログの効用の一つですね♪


勤務の都合で、ツアーに参加できなかったのですが、次回は是非 chameko さんにも、お目もじいたしたいです♪  
Posted by 雨漏り書斎主人 at 2010年02月20日 12:10
本当に 見られることを 恐れていたのが
ウソのようです。  老後(??)が皆様のお陰で 
ますます明るく楽しいものになるでしょう。
雨漏りさんの オジイチャマ ぶり ほほえましいですね。 
Posted by chameko at 2010年02月20日 14:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。