2010年08月17日

無残

16日 酷暑で 家にこもっていたら Uさん の家を 壊し始めたと聞き17日夕方 買い物がてら見に行ったら あまりの 無残さに びっくり。
戦争で 本家が焼けて 戦後は残った この家でのご家族の生活を60年間 見てきた私は色々思い出し そもそも私の敷地は U家のもので 戦後 野菜を分けていただいたり お餅をついていただいたりしたのから始まり その頃のお孫さんが お向かいさんのご主人や 九州に行ってしまったF子さん 皆70歳過ぎてしまった。最後に 私と同年輩の 義母のかたが 独り住まいでしたが 2年前に亡くなり 整理することになったのです。

物の整理に お嫁さんが 大変な苦労しているのを目の当たりみて 人事ではないと思いつつ思い出のものと 決別できない 私。 昨日の朝日新聞に老前整理はなぜ必要? 気力.体力あるうち「使う物」判断 今後のいき方考えて とかいてあったけれど ”そんなの とっくに アタマでは 分かっているわよ”と反発したいチャメ子です。名案あるかな?? 同年輩の方たち ”早く お迎えが来ないかな”なんて おっしゃるけれど 冗談じゃない老前整理も 終活もしていないから まだまだよ。

5分ぐらい 離れたところの 独り住まいの方が 亡くなっていて4.5日分からなかったとか聞き驚きました。私も 酷暑の時は 雨戸を閉めておいたほうが 涼しいので 心配されないように お向かいさんに断っています。高校野球みながら 編み物しているので 天国です。

muzann.jpg

muzann2.jpg 


posted by chameko | 東京 ☀ | Comment(15) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。