2008年10月22日

秋だ

バラに赤蜻蛉がとまっていた。 でも動かない???

RIMG1351.jpg

RIMG1355.jpg


コスモス しゅうめい菊が 咲いた やはり 秋だ。
でも 私は 秋は好きでない。


RIMG1357.jpg

RIMG1356.jpg
posted by chameko | 東京 🌁 | Comment(0) | 日記

2008年10月21日

10月21日

      紫式部満開
RIMG1344.jpg


10月21日
なんと今日気がついたのですが 学徒出陣の日が 主人の
命日と 同じ日なことを。

1943年 雨降りの 神宮外苑に 見送りに行ったのを 昨日のように覚えていて 多感な女子学生でしたので 再び味わってはいけない ショックを受けました。

 戦争は 嫌だ 絶対に 戦ってはいけない。
 
81歳で病死した(2000年)主人と同年輩の 方たちでしたので 
なんと 表現してよいか????


posted by chameko | 東京 ☀ | Comment(0) | 日記

2008年10月13日

10日は サントリーホールに マイスキー 
初めて2階席から聞いた。(チョット倹約)
 
やはり かぶりつきが いいなーるんるんるんるん

11日 なんだか 空に興味をもって のんびりした気分
世の中いろいろ 騒々しいのに*** 長い人生にこんなことも
あっていいでしょうね。かわいい

南の空

RIMG1321.jpg

北の空

RIMG1320.jpg

夜は 十三夜でした

RIMG1331.jpg
posted by chameko | 東京 ☀ | Comment(0) | 日記

登校風景

gakkou.jpg

集団登校の子供を お見送りの パパママ(事件が 隣の町で起きたので)


gakkou2.jpg


 
お姉ちゃん お兄ちゃんを見送った ママたち ワンちゃんと 立ち話
(のどかな風景) なんだか複雑な気分の 私exclamation&question
クリックしてね
posted by chameko | 東京 ☀ | Comment(0) | 日記

2008年10月08日

マイスキー

10月7日 マイスキーの演奏会に行き 大感激
ファンクラブの小島さんの感想文に全く同感でしたので
載せさせて頂きます。


2008年10月8日 水曜日■演奏会には比較的よく聴きに出かける方だが、昨夜ほど満たされた気持ちで会場をあとにしたことはそう多くない。◆しかし、昨夜のマイスキーは何か特別。いつものことながら、その演奏には強い意志と気迫、それに音楽への集中力を感じさせるが、それが尋常ではないように思えた。中でもブラームスのソナタとラフマニノフのエレジーに深く感動。今回ブラームスのソナタ第1番がプログラムに入っているだけでぼくはすぐに飛び付いたのだが、ほかに、ブラームスの『4つの厳粛な歌』から第1曲、ショスタコーヴィチのチェロ・ソナタからスケルツォなど、かつて茅ヶ崎でアンコールをリクエストして弾いてもらった思い出深い作品がまとめて聴けたこともあり、実に感慨深かった。ラフマニノフのソナタでは、チェロのエンドピンが何度か舞台上で滑り、こちらがちょっとハラハラしてしまったけれど、それ以外ではマイスキーの世界を存分に堪能させてもらった。◆プログラム最後のラフマニノフのソナタが終わったとき、立ち上がってギリロフの手を高く持ち上げた瞬間、舞台からは聴衆にあまり笑顔を向けることのないマイスキーが、一瞬だが白い歯を見せ嬉しそうに微笑んだ。それが実に印象的であり、マイスキーのこのリサイタルへの意気込みと満足感がそこに表れていたように思えた。◆アンコール曲は1)ヴォカリーズ Op34-14(ラフマニノフ)、2)チェロ・ソナタニ短調 Op.40から、スケルツォ(ショスタコーヴィチ)、3)私があなたに会った時(作者不詳、コズロフスキー編曲)。

とうとう 10月になってしまいましたが 先日 出来上がった
粘土の 家を 3人のを 一緒にして 町を造りました。

house3.jpg


posted by chameko | 東京 ☁ | Comment(0) | 日記